auで格安SIMを使うには?

docomoばかりが話題になる格安SIMですが、auユーザーの自分はずっと蚊帳の外でした。

意外と知られていないのが、docomoの格安SIMをauのスマホやタブレットに挿しても使うことができません。見た目は全く一緒ですが、使っている電波が違うので、スマホやタブレットがdocomoの電波をキャッチすることができないためです。

そんな長らく迫害?されてきたauuユーザーですが、最近はようやく2社でauの格安SIMがスタートしました。料金もdocomo版とそこまで変わらずに見劣りもしません。

2社の内容を詳しく説明すると、まず1社目はmineoです。mineoは関電系の光回線サービスであるeo光がサービス元となっています。特徴としては契約期間に決まりがないので、いつ解約しても基本違約金が無いのがメリットです。キャリアが2年契約なのに対してこれはすごいことですよね。ただ、1年以内にMNPでmineoを解約した場合だけは違約金が出るので、注意してください。これはMNP転売の弾にするのを防ぐためだと思います。

次はUQmobileです。UQmobileは名前から分かる通りWiMAXのサービス事業社が運営しています。UQmobileの特徴は低速無制限プランがあることです。ネットを使用方法がテキストメインの人なら割安で使えるのでおすすめです。ただ、プランの種類がmineoと比べて少ないので、使い勝手が悪いのがネックなところです。

もっと詳しく知りたいよという人は私がよく参考にしているこちらのUQmobileとmineoの比較解説サイトをご参照ください。疑問がなくなると思いますよ!

以前挑戦した格安SIMカード

現在、海外在住で日本に帰ってきた時様に、前回格安SIMカードを購入しました。
あまり具体的に覚えていないのですが、1年以上前にビックカメラで格安SIMカードを約3,000円ぐらいで手に入れました。

パッケージになっていたのは、インターネットのみ、通話はできないタイプでした。1日に利用できるインターネットの量は限られていましたが、十分満足いくものでした。街中に行くと、いたるところにWi-Fiがあるので、Wi-Fiがある時はSIMカードの容量を使わずインターネットを使用していました。

最近では、インターネットさえあれば、アプリを使って通話ができるので、不都合は特にありませんでした。

1点ネガティブな点をあげるとすれば、「購入してすぐには使えない」というところです。まず買ってからアクティベートするためには、固定電話から規定の電話番号にかける必要があります。

私は、友達と飲みに行く予定で、連絡を取る必要があるため、出かけた際に格安SIMを購入。そこからわざわざまた実家に帰ってアクティベートするのは効率的ではなく、困りました。結局当日は友達と連絡を取るためには、わざわざあるお店に行って、お店にいる間は連絡が取れること、未だWi-Fiがないと連絡が出来ない旨などを伝え、友達からの連絡をそのお店でひたすら待っていました。ビックカメラにダメ元で「固定電話をお借りできませんか?」と尋ねてみましたがもちろんダメでした。

せめて、公衆電話からでも登録ができれば・・・と思いましたが、セキュリティー面では難しいのかなと思います。

DMMmobileの5GBプランが私にぴったりだった

現在格安スマホのDMM.mobileを利用しています。
ここにしたのは通信量プランが多彩なことと、余った通信量が翌月に繰り越されるシステム、使い切ってしまってもバースト機能でネットサーフィン程度なら出来るって点が気に入ったからです。

私が契約したのは通話つきの5GBプランです。これがなんと1970円です。
通信速度は大体15m/bps~20m/bpsぐらいなので、動画を見ていても途中で止まったりカクカクしたりと困ったことはまだありません。

気になるのはこの料金プランだと無料通話が一切ないって所です。
キャリアだと契約プランに通話し放題プランが含まれていることが多い(その分料金も高い)ので、通話料を気にせず話を出来ますが、DMM.mobileだと30秒20円という通話料なの一ヶ月で1時間も通話すれば2500円ほどかかってしまうわけです。
なので、電話をガンガンかける人に向いてないというか、通話料金を抑える工夫が必要だと思います。
私はLINEで連絡を取ったり、無料通話を利用してるのであまり通話料金がかからないよう工夫して料金を抑えるようにしてます。

あと、今のところ通信量を5GBで契約してるおかげで通信量が毎月1GB程度余ってどんどん繰り越しで増えていってるので、たまにスマホを使いまくっても問題ないっていうのがいいです。

自宅での使用はWI-FIを利用してるおかげもあって、今まで大体毎月3GB~4GBぐらいだったので、私ぐらいの通信量の人にもちょうど良いんじゃないんかなって思います。

安さには理由がある!格安SIMの通信量無制限プランの注意点。

大手キャリアの携帯料金の高さに嫌気がさして、格安SIMを使いはじめる人も多いと思います。例えば、ドコモの場合、2GB/月の通信量プランで6,500円/月ですが、格安SIM(U-mobile)の場合、通信量無制限プランで約3,000円/月となっているため、通信量が無制限でかつ料金が半額という、価格破壊が起こっています。

しかも回線はドコモの通信インフラを利用しているため、安心して使えます!という宣伝文句もよく見かけるため、非常にお得に感じる方も多いのではないでしょうか。が、安いモノには必ずそれなりの理由があります。

U-mobileを始め、格安SIMの通信速度は理論値はドコモやauなど大手のほぼ変わらないと公表されていますが、実際に使っているユーザーの声として、「日中、街中にいると、かなり遅い時間帯がある」だったり、「人混みの中だとまったく使えない」だったり、場所や時間によってかなり利用環境が悪い、という声を見かけます。

その理由として、格安SIM業者は一定の回線インフラをドコモやauなど大手から借りてサービスを運用しているため、当然格安SIMの利用人数が多いと、大人数で一定の回線を利用することになります。

そのため、街中など、多くの人が集まる場所や、昼間などスマホを利用する人が多い時間帯だと、1人あたり使える回線が少なくなり、結果として速度が非常に遅くなるのです。

さらに、通信量無制限プランだとユーザーが上限を気にせず、ガンガン使いまくるので、余計に1人が使える通信速度が遅くなっていくのです。

以上より、格安SIMを使って動画をたくさん見たい!だったり、テザリングをしてPCを操作したい!だったり、ある程度速度が必要な作業を格安SIMを使ってしたい場合、しっかり調べてからの利用をオススメします。

楽天モバイルのモバイルルーター

わたしはキャリア契約のスマートフォンとwifi接続のタブレット端末を所有しています。自宅ではタブレット端末は光回線の無線LANを利用、屋外ではスマートフォンのテザリングという使い方をしていました。

ところが単身赴任をすることになり、タブレット端末の利用でデータ回線をどうするか課題になったわけです。もちろん光回線の契約を考えましたが自宅にいる時間はかなり短く、フルに光回線のメリットをいかせないことがわかったわけです。

そこで固定回線に変わるデータ通信の手段として楽天モバイルのモバイルルーターを見つけました。もともと楽天グループのサービスをいろいろ使っていて、楽天ポイントをためていたことも一つのポイントになりました。

また、契約プランが実に豊富なことも魅力です。さらに通常2年縛りがあるところ、なんと楽天モバイルはその縛りがないのです。わたしの場合は、自宅に戻る期間が長ければそれほど、データ通信もつかいませんが、月によってはかなりのデータ通信を利用することもあります。だから毎月、翌月のデータプランをフレキシブルに変更できる点も実に素晴らしいポイントです。

確かに初期費用でモバイルルーターの費用として2万円強かかってしまいますが、毎月の支払いの金額を考えると実にリーズナブルです。また、データ通信にあたってもドコモの回線なのでエリアも全く不満はありません。コストパフォーマンスに加え、満足度も非常に高い買い物でした。

知らなかったでは遅い!格安SIMでテザリングをする際の注意点。

最近格安SIMが人気になっています。大手キャリアで契約すると月額6,000円近い携帯代金を請求されますが、格安SIMの場合、2,000円ほどで済ますことができ、契約プランによっては1,000円を下回る請求になることも。

そんな魅力一杯の格安SIMですが、いくつか注意点も。その1つが、テザリング。普段ドコモやauのスマホでテザリングをして、PCやタブレットを使っているという方は、格安SIMを使い始めてもスマホでテザリングをしたいはず。

が、実は条件によっては格安SIMではテザリングができない場合があるのです。それは、大手キャリアで購入したスマホで格安SIMを使用した場合、です。理由として、ドコモやauなど、大手キャリアが販売するスマートフォンのテザリング機能は、販売元のキャリアのSIMを挿していないと使えないからです。

格安SIMの多くはドコモの回線を利用しているため、ドコモで購入したスマホなら格安SIMを普通に使うことはできるのですが、テザリング機能を使うことはできません。詳しい理由は複雑なので割愛しますが、一言でいうと、大手キャリアで購入したスマホのテザリング機能にはAPN設定が固定されており、格安SIMに適したAPNに変更ができないため、テザリング機能を使うことができないのです。

以上の理由より、格安SIMでスマホのテザリング機能を使いたい場合、テザリング機能の制限がかかっていないスマホを購入する必要があります。

具体的には、Googleが販売しているNexusシリーズや、格安SIM販売業者がSIMとセットで販売しているスマホなどが該当します。格安SIMでテザリングを考えている方はぜひ注意して下さい!